2007年11月19日

もうすぐ

体調悪いっす。風邪が治らない。。。
酒井に、2日に1回は書かないとダメですよ、と突っ込まれたので、ネジ巻いたのですが、ダメですねぇ。。。

あと4つ寝ると23日です。早いですね。
5、6年前の地域決勝ってどんなだったかな、と思って調べてみたら、、、
今、JFLで戦っているところのオンパレード。当たり前ですけど。

私がゼルビアを応援し始めたのが2001年。
この当時、「これくらいのチームが作れたら、JFL上がれるな。ウンウン。」と考えていたチームは、今年作れたと思う。

先日、Jリーグ準加盟を目指すクラブ向けのセミナーで愛媛FCのお話を聞いてきた。
正直言って、JFL初年度の運営資金は、今のゼルビアがもう少しがんばれば、という額だった。
恐らく、四国リーグにいた頃は、今年のゼルビアとそんなに変わらない運営費だったのでは?
そういうことからも、私が5年前に描いていたプランは、最低限、達成できてはいると思う。
よくもお金かけずにこれだけのチームを作れたものだ。。。選手に感謝。

5年前にこのチームが出来ていたら、JFL上がれたでしょう。
しかし、この5年の間に、ザスパやロッソが現れ、新潟や甲府の盛り上がりがあり、日本サッカー、地域リーグの様相は一変してしまった。

私の肌感覚では、クラブ基盤の強化が他の地域と比べて1年遅れている。
この遅れをどうやって挽回するのか。

スポンサー金額でも見ても、去年は目標2000万(実際は1000万)、今年は当初の目論見は4000万だったが、1つ1つのご支援は熱のこもった大変ありがたいものであるけれども、総額で見ると約2000万。やはり半分であるし、去年の目標金額。1年遅れている。

来年は、JFLに上がっても、上がらなくても7500万円は集めないと、当初の目論見通りにはならない。
2000万から7500万に増やすのは常識的ではない。
じゃあ、どうやってチームを強くするの?というと頭が痛いところであります。
今の、この1つ1つの暖かい支援の輪を2倍にも3倍にも増やしていかないといけない。
その為に、日夜、努力しなければならない。応援に見合うクラブになっていかないといけない。

1年の遅れを1発逆転できるチャンスが今年。JFLに上がったら・・・状況も変わるかな?
経営者としては、そんな曖昧な考えではダメで、そういう考えでいくつものクラブが潰れてきたのだから。
毎日、頭を悩ませております。

勝敗は兵家の常。
勝つか負けるかはやってみないと分からないが、とにかく最後までフェアプレーの精神で、全力で戦うだけです。

選手にはサッカーを楽しんでもらいたい。勝てば選手の手柄。負ければ私の責任です。

そう思う今日、この頃です。
posted by TK at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。