2009年12月14日

転機 その1

私がゼルビアの存在を知ったのは、たしか98、99年くらいのことだったか。別掲の土方先生のサイトを見つけた時です。

それでも見に行こうという気はあまり無かったのですが、2001年。
満を持してサポートを開始することになる。
何がきっかけだったかというと、曖昧な記憶を紐解くと、たしかこの辺で、前述のAさんが留学の為、フランスへと旅立つことになり、ゼルビアのサイトをやる人がいなくなるということで、私が後事を託されたということがあったように思う。

当時、Aさんが作っていたサイトがこちら(無断掲載w Aさん、良いですよね?^^)

2001年は、事務局長就任の1年前に当たります。
この年から、たしか太鼓叩いて応援を始めたように記憶しています。

その年に私が作ったのが、こちらのサイト

町田のサッカーを考える市民の会

です。仰々しい名前だなw

そして誕生するのが、FC町田ゼルビア 初代サポーターグループ「サンカント」です。


「サンカント」とは、フランス語で「50」を意味します。
我々の当面の目標は、ゼルビアのサポーターを50人集めること。
そこからいろいろな可能性が見えてくると思っています。


名付け親は、当時フランスにいたAさん
オレが、Aさん、50ってフランス語でなんて言うの?
というところから始まりました。


数少ない仲間のコンササポTKSくんのサイト

この写真は、たしか2001年のサッカーフェスティバルでの写真です。

「町田の子供たちに夢と感動を 町田市にプロサッカークラブを作ろう!」という横断幕 まさにお手製。私が作りました。今でも家にあります。
若かれし私も載ってますねw

この横断幕を守屋先生が見て、「ああ、まだこういうことを思っている人がいるんだな」と。それが、このシーズン終了後の守屋監督、小森事務局長就任へと繋がっていくわけです。



千葉から応援していた私の高校の先輩Kさんのサイト

数は少なかったけど、熱い思いを持ってゼルビアをサポートしている、そんな輪が少しづつ大きくなり始めた、そんな時期でした。

posted by TK at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135639359

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。