2009年12月14日

序章 その5

当時のチーム状況はどんなだったでしょうか。
FC町田トップは、ユースのOBが中心になって、自分たちが楽しもうと思って作っ
たチームだった。
96、97年前後の当時、それを周りの大人が、JリーグJリーグと言って、Jリーグを
目指すチームにしてしまったのです。

当時の選手の言葉が印象に残っています。
「周りがJリーグと言って、自分もJリーガーになれるのかと勘違いしてしまっ
た。そんなに甘くなかった」
1998年。東京都2部から1部に昇格した初年度、いきなり関東大会に出場。
しかし1回戦で敗退することになります。

やんや騒いでいた大人も、徐々に熱が冷め、一人抜け、二人抜け、、、この運動
は停滞化していきます。
いつからか監督もいなくなり、それに呼応するかのように順位は低迷。

2001年。私が事務局長に就任する前の年です。
当時、東京都1部に昇格した勢いは既に無くなっており、降格争いをするチーム
になっていました。

そんなチーム状態でも、選手たちは、前向きに自分たちのできることをというこ
とで勝利に向かって戦っていた。そういう記憶があります。主将のOさん中心に、ス
タメンを決める。
スタメンも、こいつは練習参加しているから出してあげようとか、そういう状態
だったと記憶しています。

選手も随分と思うところはあったでしょう。
勝手に騒いでおいて、勝手に消えていく。
大人はなんとも無責任だと思ったとしても仕方ない。
全てがうまく行っていない。そんな時期でした。

posted by TK at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 序章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「序章その4」から今回の「その5」まで2年以上が経過してしまいましたね。
ずっと楽しみにしていたんですよ。
「その6」以降も期待しています。
ちなみに「その4」の時にも私がコメントを入れてました。
その当時はHNは「外様の父」でした。
Posted by 中年ゼット君 at 2009年12月14日 22:32
www

ごめなさーーーいwww

2年の沈黙を破ってw
そろそろ良いでしょ。謹慎解除w

また、一杯、飲みに行きましょう!
Posted by こもちゅう at 2009年12月14日 22:47
>また、一杯、飲みに行きましょう!
是非に!
「その6」の予告編でもお聞きしたいですね。
Posted by 中年ゼット君 at 2009年12月14日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135633325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。