2007年12月31日

大晦日に思う

皆さん、大晦日、いかがお過ごしですか?

私は朝から床屋さんに行き、蛍光灯を掃除して疲れて昼寝zzz
母親と買い物に行き、親戚のうちで食事してきました。

明日は一日、ゴロゴロしようかなと思っていますが、、、ちょちょっと資料整理しようかな。

2007年、本当に温かい、熱い応援を頂き、本当に本当にありがとうございました。
サポート会員も1000人を超え、スポンサー企業も120社とJリーグを目指すクラブとして相応しい規模に発展することができた一年だったと思います。

皆さんのご期待に答えることができず、JFL昇格はなりませんでしたが、
多少躓いてしまってダメになってしまうようではだめです。サッカーですから負けることもあります。前へ前へです。
でも来年は、必ずJFLに昇格します。必ず上がります。

年明け早々に、皆さんにビックなお年玉をお届けできると思います。
楽しみにしておいてください。

2008年は、勝負の年です。
J2の残り枠は7になりました。

すでにJFLには、栃木、富山、鳥取、琉球、岡山、北九州、びわこの7クラブが、本格的にJリーグ入りを目指して活動しています。
ということで、既に枠は順当にいけば埋まってしまう計算です。
もし、町田だけでなく、2008年も地域リーグで戦うクラブが逆転を狙うなら、来年は必ずJFLに上がらなければならない。
来年、上がれたとしても、7枠の最後の最後にギリギリ滑り込むということだと思います。
今はそういう状況です。

ですから、来年は勝負に出ます。決めた予算は、「できる限り」という状態ではありません。できる限りは超えています。
正直、今の運営を考えたら、常識的では無い高い目標、運営規模です。
しかし、今までは、目標を設定しても、ダメでした。ああしょうがないね。の組織でした。

目標を明確にし、高い目標をクリアする為に、スタッフ一同、協力して、スクラム組んで挑む。
そういうプロの組織にならなければなりません。
今までと同じやり方では、JFLには上がれません。来年も上がれるチームは作れません。
そういう状態でした。

来たる2008年は、ゼルビアの為にある。

ファジアーノ岡山の運営費は、今年1億2000万だそうです。
ニューウエーブ北九州も、市から3000万円の支援金と公共施設に自動販売機を設置してくれるなどの支援を得、恐らく同等並の運営規模はあるでしょう。
それが今やJFLに上がるレベルです。
そして、長いJリーグ入りのレース。そういうクラブに追いつき、追い越す為に、我々スタッフもがんばります。

ただ、それだけでは追い越すのは今や難しい状況だと思う。現時点で4倍の差がある。
皆さんお1人お1人の力を貸して下さい。一緒にゼルビアを育ててもらえませんか?

皆さん、やりましょうよ。

FC町田ゼルビアは、市民クラブです。大きな後ろ盾のあるクラブではない。
だからこそ、市民の力が必要なのです。
今までは、少ない人間ががんばれば何とかなった。でもこれからは違います。

1人の力は小さいかもしれない。
でもその力が重なったら、すごい力になると思うんです。

サポート会員も、シルバーさんにゴールドになってくださいとはお願いしません。
お友達を1人、シルバーに誘って下さい。
1人が1人を誘えば、それだけで会員が2000人になります。

スポンサー企業の皆さん、協力頂くお金を2倍にして頂く必要はありません。
ですから、1社、スポンサーを紹介して下さい。
それだけで240社になります。

何千万ものスポンサーが何故つくのか。

市民が盛り上がっている→メディアが取り上げる→企業が動く→行政が動く&強化費用が増える

この順番に逆転はありません。

来年、3000人の観客で野津田がパンクすることになったら。
まずはそこです。そこがなかったら、強いチームは作れない。

1人が1人を誘ったら、それだけで3000人です。

そう考えたら、できそうじゃないですか?

私が1人で太鼓叩いていても、Jリーグクラブは作れません。
皆さんの力が必要です。

私もやります。戦います。

2008年、ゼルビアの年にしましょう。
あなどれません町田ゼルビア。

それでは、皆さん、良いお年を!!
posted by TK at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

商標について

話題は変わって、商標の件です。
来年からJ2に昇格する熊本が、ロッソ熊本からロアッソ熊本にチーム名を変更するとのこと。
これまでも、ブランメル仙台→ベガルタ仙台、大分トリニティ→大分トリニータ、アルビレオ新潟→アルビレックス新潟とチーム名を変更したケースがあったが、いずれも「商標」が絡んでいます。
こちらのサイトが詳しいです。
http://homepage3.nifty.com/Mend1/IP011.htm

商標には全部で45のカテゴリーがあります。
http://www.jpat.net/kubun.htm

サッカークラブの運営については、41類がそれに該当します。
最低でもここは取っていないといけません。
ただ、ユニホームを販売したり、グッズを販売したりするにあたっては、それに該当するカテゴリーも取得しておく必要があります。
現在、既存のJリーグクラブが、それぞれ、どのカテゴリーを取得しているのか、また、そのカテゴリーを取得したのはいつなのかについて、調べています。
一覧にしようと思っていますが、なかなか時間がなくて、できていません。

ゼルビアですが、私の方で、3年、4年前からちょくちょく確認しています。
今のところ、「ゼルビア」という名称で商標を登録しているところはありません。
よって、全カテゴリー取得できる見込み。ですから、Jリーグに加盟するにあたって、チーム名を変更しなければならないということはありません。
商標を取得するには、カテゴリー毎にお金が必要です。それも結構、お金がかかるんですよ。
なので、お金があったら取っていましたが、当然、お金が無いので、今まで商標の登録はしていませんでした。
ですが、さすがにそろそろ取らないとまずいよね、ということで、来年、いくつかのカテゴリーについては、取得したいと考えています。
(誰か先に取らないでね^^;;;)
予算にも限りがありますので、数年に分けて取得し、最終的には必要なカテゴリー全部を取得したいです。

チーム名というのは、応援してくださる皆さんに取っては、愛着のあるものだし、体の一部、と言っても良いと思います。
それが変わるというのは耐えられない苦痛だと思います。
最終的には、類似商標などもあると思いますし、申請してみないと分かりません。確認していると言っても無料のサービスですので、もしかしたらということはあるかもしれません。
ですが、ゼルビアは、チーム名を変えなければならないということが無いよう、かなり前からこういうことも認識した上で、活動しています。

posted by TK at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

組織について

だいぶ間が空いてしまいました、すいません。

いろいろありました。精神的に疲れました。

あまり同じこと書いてもと思うのですが、ちょっと角度を変えて。
こんなこと思い出しました。
5年、6年前、事務局長に就任して考えたこと。
いかにして、選手をプロ契約しないでJFLに上がるかということ。

当時の私は、Jリーグ経験者をプロ契約してプレーさせることに
非常に違和感を感じていました。
アマチュアリーグで、入場料もそんなに取れない段階で、その
強化の姿勢で良いのか。常識的な運営ではない。身の丈の経営は絶対にできない。
そういうやり方で、過去、潰れていったりJに上がれても、
大きな傷痕となって苦労しているクラブがいくつもあった。

運営的に無理があるということだけではありません。
サッカー選手の寿命は短いです。でも、その後の人生は長いです。
セカンドキャリアを考えた時に、どうやって飯を食っていくのか。
いたずらに引退時期を遅らせることが、果たして良いことなのか。
自分には、アマチュアリーグでありながら選手をプロ契約するクラブ
は、どうも選手を使い捨てにしているとしか思えなかった。
自分はそうしたくなかった。

生活の基盤があってのサッカー。
状況は違うが、中山さんだって、北澤さんだって、
(時間は短いのかもしれないが)工場で働きながら
サッカーやっていた時期がある。
だからこそ、あの年代の選手たちは、学ぶことも多かったのでは?と推測する。

オンザピッチとオフザピッチ。
ピッチの外できちんと生きられない人間が、良いプレーができるわけがない。
私はそう思ってきました。

JFLには上がれなかったけれど、自分が目指していたチームレベルは、十分達成できたと思います。
サッカー界での町田ゼルビアの評価は「身の丈経営」で好感が持てるということみたいです。
そういう話が耳に入ってきます。非常に嬉しいです。

でもこの5年間の間に、アマチュアリーグの状況は一遍してしまいました。
プロ契約当たり前。監督S級当たり前。運営費も1億当たり前。の世界。

自分もいろいろ悩みました。
これまでの路線を継続して行くのか。でもそれでJFLに上がれるのか。
結局、上がれなかったら、応援してくださった方々を悲しませることになる。
来年は絶対上がりたい。もう、あんな悔しい思いはしたくない。
スタッフの生活もある。将来もある。

今のままで運営していくことに限界を感じ、今年の夏ごろ、全体会議の場で組織体制を変えましょうと提案しました。
暗に「このままの体制だったら、自分は辞めます」という意味を含めて。。。

AC町田自体、問題を抱えている。

一番の問題は、常勤スタッフが7名いながら、経営者がボランティアということです。
中心になって采配を振るう人間が、常勤ではないということが、この組織の最大の問題点です。

ボランティアを否定するつもりはありません。それは崇高な行為であり、誰でもできることではありません。
自分自身がやってきましたから、自分自身を否定することになりますので。

ただ、当初は良かったものの、組織自体が大きくなり、必要な活動時間が増えてきます。
関われる時間に制限があるので、必然的に経営のスピードが遅くなります。
作業が遅れます。意思決定が遅れます。活動自体が甘くなります。
それでは組織は発展できません。毎年赤字です。これでは継続できない。

そして、ボランティアは何故、できるのか。それは「好き」だからです。
「サッカーが好きだから」それはボランティアにとって、一番重要なことです。
でも、それは「趣味」の範囲です。我々は「プロ」サッカークラブを目指している。
「プロ」とは何か。それで飯を食うということです。
趣味ではありません。「仕事」なんですね。

ですから、ボランティア中心の組織から、プロ組織への転換が必要な時期がいつかはきます。
私はそれをJFL昇格後と思っていましたが、思惑通りにAC町田の運営は進みませんでした。

常勤で中心者を雇用し、強いリーダーシップの下、組織を強化、発展させる。
ボランティアが、「オレがオレが」で出張ってくる組織は、発展しません。
「あなた何ができるんですか?」「これが出来ます」がプロ組織です。
その組織を側面からボランティアが支える。
そういう図式にならないと、これ以上の発展、具体的に言うとJFL昇格と昇格後の運営は
無理だと判断しました。昔からこの話はしてきたのですが。

今回、23日の会議を持って、方向性を固めることができた。
正直、上手くいくかどうかはやってみないと分からない。
でも、来年、FC町田ゼルビアは勝負に出ます!
潰れない程度にね。^^;;;
posted by TK at 13:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

何かを得るということ

インフルエンザになりまして、しばらく書けませんでした。
風邪の方はすっかり良くはなっていませんが、ウィルスの方はもう大丈夫だと思います。

サテ今日は、今年の5/9にmixiで書いた非公開日記を掲載します。
ちょっと加筆修正してます。こんなことを考えて始まった今シーズンです。


最近、思うこと。

何かを得る、ということは、他の何かを得る機会を失っているということ。
下世話な話、この4年間で使ったお金、労力、時間を換算すれば、それは数千万円の価値に上るだろう。
しかし、それ以上に大切なことを学ぶことができたと思うし、十分なリターンは得たと思う。(ちょっと顔が引きつっているけど 笑汗)

4年前の私が得たいと思ったことは、今、十分に得られたと思う。
しかし、それがそのまま今の私が得たいことだったかというと、そうでもない。
人間の興味や関心、心持ちというのは日々変わっていくものなのだ。

4年前の僕が見ていた4年後は、今、十分、達成できた。
しかし、今の自分が見ている4年後を考えた時に、この4年間の自分を評価できるのか、本当にこれでよかったのかと言うと、正直、気持ちが揺らぐ。

この4年間の活動が無ければ、今のゼルビアは無かったのだが、今から4年後のゼルビアを考えれば、もっと違う過ごし方をしていれば、今後はもっとスムーズだったのになと思うことがある。そんなこと言ったって仕方ないのですが。

今後のセルビアを考えてみよう。

2010年シーズンにJ2に加盟するとする。
2009年シーズン開幕前の1月のJリーグ理事会で準加盟の承認が必要。この年はJFL。
そうすると、2008年シーズンは、JFLにしろ、関東残留にしろ、1月1日時点で「株式会社化」しないと2010年のJ2入りはできないことになる。
おいおいそんな心配しなくたって、2010年にJ2なんて無理だよ、という声が聞こえてきそうだが、たしかに目標は2011年。
スタジアムの問題も解決できていない中で、そんなこと言ったってという意見もあるだろう。

しかし、それはそれ。2008年、2009年をどうモチベートして戦っていくかということを考えた時に、優勝してもJ2上がれないんですよ、という中での戦いは、現場もフロントも緊張感という部分で、厳しいものがある。

では、どう株式会社化するのか、と言う問題。株式会社化にあたってどんな問題が起こってくるのかと言う問題。

そもそもサッカークラブの運営を行う会社で、資本金を3億円も集めないといけないとしたら、一体、何のためだろう。
一つは、参入初年度にボロ負けしない程度の戦力を整える為?あまり賛成できないが。
今の自分の至らない能力で考えれば、集めないといけないとしたら、それは施設の充実、選手以外の人材(指導者、フロント)の確保。
それはあるかもしれない。しかし、施設に手を出したら、資金が固定化し、固定経費が発生して苦しむのは自分なんだろうと思う。
これはちょっと贅沢なお金の使い方。初年度にしてみれば。

今の自分が考えれば、そんなに資本金って集めないでも良いんじゃないの?とも思うが、その議論は次回に回すとして、先達がそうであったように資本金を集めないといけないとした場合。

1000万だったら自分たちで出せる。しかし1億だったら出せないだろう。
株式会社は、資本金を出した株主の物なのです。
お前たち要らないよ。と言われたら、ハイそれまで。
どんなにゼルビアを愛していようと、俺たちががんばってここまで上げて来たんだと叫んだって、何の意味もない。
そういう制度なのです。

株式会社化を進めないといけない時期になって、考えることはスタッフのことです。
今まで、一所懸命がんばってくれたスタッフたちが、なんとかこの大波を乗り越え、町田にJリーグクラブが誕生したその時にもクラブの中心者として采配を振るうことができますように。彼らの努力が無駄にならないように。そう思うのです。
そしてもちろん、自分のこともです。

外部資本を入れる道を選択するならば、「ああ、お前たちに任せておけば安心だ。頼むよ」と株主に言ってもらえるようなTeamを作らないといけない。
いや、自分たちの力で自己資本を作っていくんだ!という道を選択したのならば、毎年毎年、数千万円の利益を叩きだせるような力のあるTeamを作らないといけない。
現状、我々にその力があるかと言えば、残念ながら無い。それが実情です。

であるならば、飲み込まれるだけなのか。
どうしたら、その大波を乗り越えて行けるのか。

もし、僕が、この4年間の間に、脱サラして事業を開始していたら、どうだっただろう。
もしかしたら、安定株主として、資本金を出せる状態だったかもしれない。
そうすれば、クラブを守り、スタッフを守り、意気揚々とJリーグ入りまで導けたかもしれない。
なんて、妄想を抱くわけです。

でも、現実はそうはいきません。
>何かを得る、ということは、他の何かを得る機会を失っているということ。
なのです。

ゼルビアを関東1部に上げる為に、沢山の時間を使いました。
それは、その他のことの為に使える時間を無くしてきたということです。

決して失敗したと思っているとか、後悔しているとか、そういうことではありません。
何とか、この大波を乗り越えていきたいと思った時に、ふと何とも言えない感情が込み上げてくる。

「何でそんなにまでして、君はやっているんだ?」
「君に何の得があって、やっているんだ?」

何の得もない。がんばって上に上げれば、人に盗られてしまう。
昔は、それで良いと思っていた。でも本当にそれで良いの?

いやいや、ただでは明け渡しませんよ。ということ。
スポニチのコラムでT中が言っているように、自分たちではないかもしれないけど、簡単には明け渡さない。
そういう姿勢で、今、僕たちは毎日、戦っているのです。

だから今できることは、もっと力をつけること。
もっと努力しなければならない。もっと勉強しなければならない。
誰が来ようと、この席を明け渡すことの無いように。
簡単には明け渡しませんよと。

常に自分を高めたい。と思う今日この頃。強い危機感を感じています。
体の続く限り、続かなくても、もっと努力しないと。

自分で決めた道ですから。

強いTeamを作る。その為にまず自分が成長すること。
まず今年。今年1年。1日1日を大切に。一つ一つ成果を出していく。

最後に笑うのはオレ。オレたち。
posted by TK at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

地獄絵図

報告が遅くなりましたが、熊谷に行ってきました。
やはり現場にしかない情報がある。出向くということの大切さ。
Jリーグの関係者も来るような大会になったんだなぁ。

熊谷でみた6試合。まさに地獄絵図の様相。
背筋が凍る。身の毛もよだつとはこのこと。
2日目を終了して、岡山3位、北九州4位。
しかし終わってみれば、岡山1位、北九州2位。
2日目まで1位だった神戸が4位。。。

ピッチに倒れこむ神戸の選手たちを見て、うちの選手たちは何を感じただろうか。

去年見たのとは違う感覚。自分のチームが出ていた大会。ものさしの基準がハッキリしている。
試合内容、レベルも1次リーグとは違うように、自分には見えた。
出ていてもおかしくなかった。でも出れなかった。我々のリーグで1位になったB神戸でも4位だった。
本当に厳しい、難しい大会です。あのB神戸に、勝てるチームでないと、決勝リーグでも勝ち残れない。

一昨年の話。年間運営費2億と言われたオールプロ集団・ロッソ熊本でも、3位だった。
愛媛FCがJ2に昇格しなかったら、JFLには昇格できなかったのです。

「一度上がったら、二度とやりたくない大会だ」
某スタッフが言いました。

今回、この大会を経験できたことで、来年、1年間、現場もフロントも、超えなければならない基準を明確に持つことができたと思う。
すぐに来年です。急ピッチで準備をしなくては!
posted by TK at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。